ケアマネージャーが転職を成功させるためには3つのポイントがある。
現在の職場に不満があると、つい焦って転職先を決めてしまうことがある。
しかし、焦って転職をすると失敗することも多い。
そのため、紹介する転職のポイントを参考に転職を考えることがおすすめである。

1つ目のポイントは給与だ。
給与は、基本給のみに注目するのではなく、賞与や資格手当も含めた年収で考えると失敗しない。
基本給だけで考えると、年収では転職前よりも下がってしまったという失敗を避けることができる。
2つ目のポイントは、ケアマネージャー1人当たりが担当する案件数を確認することである。
特に、事業所に1人しかケアマネージャーがいない場合は、担当する案件数が多く、仕事に追われることもある。
複数のケアマネージャーが在籍している事業所でも、1人当たりがどのくらいの案件を担当するのかを確認しておくと、転職後の生活をイメージしやすい。
3つ目のポイントはいつ転職するかだ。
ケアマネージャーの求人が増える時期は、10月以降から、年度末までが多いようだ。
それ以外の時期でももちろん求人はあるが、できるだけ選択肢を増やすためにも可能であれば転職時期も意識したい。
年度途中の求人は、突然の退職者が出た事業所など、働きにくい職場である可能性もある。
同時に、急募求人や常に求人が出ている事業所も注意が必要である。
10月以降は、人気の事業所でも翌年度からの求人が出やすいので、求人情報を都年チェックすることが大切である。

これら3つのポイントを押さえることで転職で失敗する可能性を減らすことができる。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2020 ケアマネについて詳しく!. All Rights Reserved